家庭でできる膝の痛み改善法

ここでは、「家庭でできる膝の痛み改善法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご訪問頂きありがとうございます

当ブログはダイエットランキングに参加しております。
応援して頂けると喜びます。
  ↓ ↓ ↓
ダイエットランキング


膝が痛いという人の多くは、変形性膝関節症といわています。家庭でもできる改善法を見つけ、膝の痛みが少しで楽になるための対策をしていきましょう。

何よりも膝の治療は、膝の筋肉を鍛えることが大切なのです。

薬での治療は、運動治療の補助ぐらいで考えましょう。

痛みがひどい時には、内服薬を飲んで痛みを軽減します。まずは痛みを軽減し、痛みが楽になったらウォキングや体操などをして、膝の筋肉を作るトレーニングを取り入れていきます。

足上げ体操

●横向きに寝ます。床についたほうの膝は直角に曲げます。

●上になっているほうの足をゆっくり上げます。床から10センチぐらいまであげ、10秒間この状態をキープします。ゆっくりと元の位置まで脚を下げます。

●5秒ぐらい休憩し、この動作を10回程度繰り返します。反対側の脚も同じように行ないましょう。


痛みがあるときは、トレーニングでのヒンズースクワットなどは膝の負担になりますが、痛みがないときは、膝の筋肉強化には、もってこいのメニューです。自ら進んで取り入れたいものです。森光子さんなんかは1日に何十回、何百回とされていますねぇ。お元気ですよね!


あなたは、膝に痛みがある時に、冷やすか温めるか迷ったことありませんか?

腫れがあったり、熱があったりする時は、氷やアイスパックなどで冷やしましょう。薄いタオルを膝の上に置き間接的に冷やすようにしましょう。冷やす時間の目安は20~30分とし、長くても1時間以内にしましょう。

腫れや熱がない時は、温めて痛みを軽減しましょう。お湯で絞ったタオルなどを膝に当て温めます。ラップを上からかぶせると冷めにくいですよ。タオルが冷めてきたらこまめに温かいタオルと交換しましょう。5~10分を目安に!お風呂で温めるのが一番簡単な方法です。

お風呂あがりには、薬を塗ってマッサージを!痛みのあるところを中心に薬を塗っていきます。指のはらで、ゆっくりと薬を染み込ませるようにやさしくマッサージをしてください。膝の痛みがない時は、ストレッチなども取り入れるようにしてください。

ほとんど痛みがなくなってきたら、まずは膝に負担のかからない水中ウォーキングなど行ないましょう。ウォーキングをする場合は、脚にあまり負担のかからないウォーキングシューズを履き、平地を歩くようにしましょう。

膝の痛みを和らげるには、筋肉を鍛えることです。しっかりと膝の筋肉を強化できるトレーニングを行なってください。トレーニングは続けることが大切です。無理のない範囲で続けましょう(これは、膝に痛みがない時ですよ)。


当ブログはダイエットランキングに参加しております。
応援して頂けると喜びます。
  ↓ ↓ ↓
ダイエットランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。