便秘予防運動

ここでは、「便秘予防運動」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご訪問頂きありがとうございます。

薬局でいちばんよく売れるものは、何だと思われますか?便秘薬だそうですよ。それだけ便秘に悩んでいる方が多いということです。

便秘とは、便の量が少なかったり、排便回数が少なかったり、排便後に残留感がある状態を言います。これは、排泄物が長時間腸内にとどまり、水分が吸収されて排便に困難を伴っているためです。

しかし、このような状態であっても不規則な排便に苦痛を感じない場合や2~3日に1回でも十分に満足できる場合は便秘とはいいません。食事の量や内容によっても便の量は変わり、個人差があるからです。

便秘は、ダイエットにも大変悪影響を与えるんです。

健康な人は1日1回の快便があります。

快便は、健康の目安みたいなものですから、便秘が続くと体に何らかの支障がある状態といえます。


便秘になる原因

毎日の生活習慣の中で、朝、ゆっくりとしたトイレの時間がとれない、学校や仕事場で人目を気にしてトイレに行くのを我慢してしまったり、偏った食生活、運動不足、不規則な生活、ストレス、無理なダイエットなどの生活習慣の乱れは、便秘の大敵なのです。


便秘になってしまったら、どうしますか

毎日決まった時間にトイレに行くことを習慣づけましょう。

朝は、早めに起きて朝食を摂ることを心掛ける。

体の機能を調整するビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、腸の活動が鈍る原因ともなりますので、偏食を避け、食物繊維が多く含まれる野菜や果物、海藻類を多く摂るようにしましょう。

適度の運動や排便の時に腹部をマッサージすると大腸が刺激されていいですよ。へその下(指二本分)の気海(きかい)といいうツボを押しながら、息を吐いて肛門を締めて見ると便秘解消に効果があるといわれています。


便意のつく体操をしましょう

★膝の屈伸・・・両腕を肩の高さまで振り上げて両膝を曲げ、反動をつけて立ちあがる。これを数回繰り返す。

★足上げ・・・椅子に浅く腰掛け、両足を伸ばしたまま高く上げる。もしくは、両膝(または片膝)を曲げて胸にひきつけるようにできるだけ高くあげる(ウエスト引き締めにも効果あり)。数回繰り返す。

★膝曲げ・・・両手をついて、両足を後ろへ真っ直ぐ伸ばす。そのまま片膝を曲げる。左右交互に行なう。

★腰上げ・・・肩肘をつき、横向きに寝て、腰を持ち上げる。肘を腰から遠ざける程きつくなります。交互に数回繰り返す。

★足上げ・・・仰向けに寝て、膝を伸ばしたまま両足を上げる。数回繰り返す。


トイレに入る直前にするマッサージ

★小指丘もみ・・・手のひらの小指側の盛り上がり部分(小指丘)を合わせてこする。

★指もみ・・・五本の指の一本ずつを反対の手でよくもみほぐす。爪の左右の生え際を重点的に行なう。左右交互に。また、爪の生え際を反対の手ではさんで、一本ずつ振ってもよい。

★手首つかみ・・・片方の手で他方の手首をつかみ、強く押したり、まわしたり、こすったりする。


ダイエットを行なっている方は、偏った食事、運動不足、不規則な生活、無理なダイエットにならないように、健康に美しくダイエットしましょうね!便秘はダイエットには大敵なんですよ。


当ブログはダイエットランキングに参加しております。
応援して頂けると喜びます。
  ↓ ↓ ↓
ダイエットランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
便秘いやですね。昔は私もひどかった…
最近カンテンのおかげか、調子いいです。

快便にぽちっ!
2007/09/17(月) 12:00 | URL | あきのうえ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。