7秒ダイエット他ダイエット関連用語集

ここでは、「7秒ダイエット他ダイエット関連用語集」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運動してのダイエットに関する用語集

7秒ダイエット

特別な場所や道具を必要とせず、7秒間全力で筋肉を刺激して行なうダイエット。

動かないもの(部屋の壁や柱など)を全力で押し、押す筋肉を刺激し、強化する。

タオルなどを使い、全力で引っ張ることにより筋肉に刺激を与え強化する。

7秒間、呼吸を止めずに、引締めたい部分を意識しながら行なう。

1ポーズ、7秒間5回で1セット。1日3回行なうというダイエット法だそうです。


10分×3回ウォーキング

30分間続けるウォーキングはキツイものがあるかもしれません。

最近、30分間続けて歩いても、10分間を3回に分けて歩いても効果に差は出ないというデータがあります。

運動開始から10分ぐらいで脂肪を分解するリパーゼという酵素が働き始め、運動後も脂肪を燃焼し続けることがわかってきている。

自分のペースを守りながら、10分間ウォーキングを3回に分けて行なうというダイエット法です。


後ろ歩きダイエット

普段歩くときに使わない筋肉(大腿二頭筋など)を刺激して、筋力アップさせる方法。

後ろ向きに歩くことで、大腿二頭筋などを刺激することにより、筋肉中にブドウ糖が取り込まれ、脂肪が燃えやすくなるというダイエット方法です。


時間差ダイエット

1日の生活習慣の流れを変化させるだけで、ダイエット効果がでるというダイエット方法。

食事の時間を少しずらしたり、食事前に運動を取り入れてみたり、食事後にシャワーを浴びたり、むるま湯にゆっくり使っていたい人は、食事前に入ったりなど、日頃の生活習慣の流れを少し変えてみる。


呼吸法

腹式呼吸法、胸式呼吸法などあります。

スポーツジムなどの呼吸法は、負荷を与えるときに吐き、元の位置に戻すときに吸うというものです。

腹筋や背筋などの種目は、自然に呼吸をし、息を止めないように意識することです。


ストレッチスリッパ

普通のスリッパと逆で、かかとよりつま先の方が高くなっていている。

歩くときに常に坂道を歩いている感覚になる。


EMS

Electrical muscle stimulation

微弱な電気で筋肉を刺激することにより、パッドを体に装着するだけで筋肉運動ができるというダイエット方法。


有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動は、酸素を消費する運動で、筋収縮のエネルギーを発生させる運動とも呼ばれる。

十分に長い時間をかけて心肺機能を刺激し、身体内部に有益な効果をもたらすことのできる運動。

体内のグリコーゲンなどの糖質や脂質が酸素とともに消費される。

無酸素運動は、酸素を消費しない方法で、筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいう。

あらゆる運動初期、または短距離走など短時間のみ行なわれる場合をいう。


ダイエットランキング参加中です!


FC2ブログランキングにも登録して見ました。

こちらの方も応援していただけると非常にうれしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。