ダイエットに関する認識の違い・・・?

ここでは、「ダイエットに関する認識の違い・・・?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエットランキング参加中です!
          ↑  ↑  ↑
応援ポチッとクリックお願いっす!


有酸素運動

20~30分で脂肪燃焼しはじめると言われていたが、現在は8~10分で脂肪燃焼しはじめる。

無酸素運動

8~10分以内の短時間運動は酸素を消費しない(無酸素運動)。
この無酸素運動では、脂肪は燃焼されないといわれてましたが、短時間の運動でも体脂肪は燃焼されることがわかってきている。

脂肪を筋肉に・・・?

運動することにより脂肪は減り、筋肉は発達する(基礎代謝が上がり、燃焼しやすくなる)。

しかし、脂肪が筋肉に変わるわけではないのです!


有酸素運動、無酸素運動を取入れる事により脂肪を分解してくれて、よりダイエットに効果的でリバウンドする可能性も低くなります。

リバウンド

リバウンドなしのダイエットの謳い文句に踊らされいるそこのあなた、リバウンドなしのダイエットはありません。

ダイエットは痩せてその体重、体系を維持する方がモット、モット大変なんです。

リバウンドなしは、言葉だけで理論と根拠がないといえます。リバウンドなしの調査は2年を要します。2年経たないとリバウンドの結果はわからないといわれているのです。

リバウンドとは、体重を落とした後、元の体重に、もしくはそれ以上に戻ってしまうこと。

肥満遺伝子

よく私は肥満遺伝子を持った家系だから痩せられないということを聞きますが・・・?

確かに肥満遺伝子を持っていると肥満になる傾向にありますが、親から学んだ生活習慣、食生活による肥満の方が多いのでは?

あなた自身の言い訳にしてしまって、努力せずでは、太る一方です。
遺伝性の肥満は、生活習慣や食生活によるものが一番大きいといわれています。


ダイエットランキング参加中です!
          ↑  ↑  ↑
応援ポチッとクリックお願いっす!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。