ダイエット基礎知識

ここでは、「ダイエット基礎知識」 に関する記事を紹介しています。
★理想のプロポーション! ★夢の7号サイズ! ★まずは行動を起こす! ★継続! ★ゲット!

大きく分けられる3つのダイエット法

食事量を抑えて、カロリーコントロールする抑制型ダイエット法

脂肪燃焼や基礎代謝をあげる消費カロリー促進型ダイエット法

便秘を改善し、腸内を活性化するデトックス型ダイエット法



★ダイエット関連一覧
スポーツジムでも教えて・・・レビュー
ピンピンコロリ運動レビュー
骨盤矯正ダイエットレビュー
脚を細くすること・・・レビュー
ビリーズブートキャンプとは
★ダイエット基礎知識
BMIとは
ダイエットに関する認識の違い
痩せるの意味
ストレッチとダイエットの関係Ⅰ
ストレッチとダイエットの関係Ⅱ
夏痩せはリバウンドの元・・・?
ダイエットに間食は大敵!
食の欧米化
部分痩せはできるのでしょうか?
効果的なウォーキングの方法
膝の痛み解消法
ドライマウスとは
★ダイエット関連用語集
ピラティス他関連用語集
7秒ダイエット他関連用語集
アミノ酸ダイエット他関連用語集
コーヒーダイエット他関連用語集
プロテインダイエット他関連用語集
★便秘解消法
便秘を解消する方法
便秘解消には、食物繊維を
便秘解消法
ダイエットと便秘の関係
★自己数値を計算する方法
肥満度
基礎代謝量
消費エネルギー量
★1分間ダイエット体操
1分間ダイエット体操Ⅰ
1分間ダイエット体操Ⅱ
1分間ダイエット体操Ⅲ
1分間ダイエット体操Ⅳ
1分間ダイエット体操・引締めダイエットⅤ
★ダイエットする方法
引締めたい部分第一位は?
二の腕ダイエットとは・・?
ヒップアップする方法ってある~?
痩せる方法って・・・?
間違ったダイエットをしないために!
おしりかじり虫で癒しダイエット?
産後ダイエット
バランスが大事
★「無料」お勧め情報
かんたんカロリー計算ガイド!
簡単ラクラク速攻ダイエット!!
【ダイエットは計画的に】・・・処方箋
★スポーツジムでのダイエット奮闘記
スポーツジムでダイエット奮闘中!
ダイエット挑戦者パート2






RSS新着情報

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!


ダイエット始めて、86日目


体重      72.1kg(0.9kg増・トータル0.4kg減)

体脂肪     20.2%(0.1%増・トータル0.6%減)

基礎代謝   1,605kcal(標準)

体内年齢    34歳

筋肉量     56.3kg(平均的)


最近、更新が滞っていたので、ダイエット報告が34日ぶりになってしまいました。
別にダイエットサボってたわけじゃないんですよ。
とはいっても、少し体重が増えたようですが!
体脂肪の方は、ある程度キープできているのでいいのではないでしょうか。

この34日間の間、少しストレスが溜まりすぎたのかもしれません。
やはりダイエットには、ストレスを溜めることはあまりよくありませんねぇ。


ダイエット中の水分補給とは?

1日に大人に必要な水分の量は、1.5~2リットルと言われています。
普段は、食事の中で一部の水分を補っているのですが、
ダイエット中はどうしても食事の量が減り、水分自体を補うことができなくなります。
水分は、ダイエット中には積極的にとるようにすることが必要です。

水は、全身の代謝能力を向上させ、濾過能力を高めてくれるという働きがあるため、
体内の不要な物質を排泄することを促進してくれるのです。

ダイエット中に便秘ぎみになると言う人がたくさんいらっしゃるようですが、水分を
しっかり補給することにより、この便秘を解消してくれることでしょう。

水分は、ノンカロリーなので、補給しても体重が増えるという心配はありません。
朝起きて、コップ一杯の水分を補給する習慣をつけるといいです。

ダイエット挑戦中のあなた、水分補給は非常に大切なんですよ。


ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル




スポンサーサイト

いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!


久々に更新する時間が取れました。

長いこと更新してなくてごめんなさいね。


歩くことは健康に肥満も防止できる。素晴らしいことなんですよ。

足は第二の心臓といわれてます。

心臓は血液循環を司る強力なポンプですが、実は第二の心臓として

その働きを助けているのが、全身の筋肉の六割を占める足の筋肉なのです。

足は心臓から最も離れていることや、常に重力の影響を受けているため

血液の流れが滞りやすいのです。

しかし、歩くことにより、足、腰の筋肉が収縮・拡張して全身に血液を

送り込む働きを助けているのです。

このような足の筋肉による血管の働きは「ミルキング・アクション」と呼ばれ

まさに足は歩くことによって(牛の乳搾りのように)筋肉を収縮・拡張して

血液の流れを促進し、全身の血のめぐりをよくします。

足はまさに心臓と同じ機能といえます。


歩くことは、ジョギングと違って腰や足への衝撃が少なく、心臓にも負担が

かからないため、肥満をはじめとして体力に自信のない人やお年寄りでも、

無理なく始められるのです。

そのため、よく歩くことによって心肺機能を強化し、体力を向上させることが

できるのです。

また、全身の血液の流れが豊かになり、細胞が活性化し、新陳代謝を

高める効果があります。毎日少しでも、軽く汗ばむ程度に早足であるくのが

いいのです。

歩くことは健康にそして、肥満防止にも役立つのです。

この冬場のダイエットをサボっていたあなた、今からでも遅くはありません。

暑くなって薄着になる前に、歩くことから挑戦して見てはいかがでしょう?


ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル



いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!


ダイエット始めて、37日目


体重      70.7kg(0.3kg減・トータル1.8kg減)

体脂肪     20.1%(0.1%減・トータル0.7%減)

基礎代謝   1,614kcal(標準)

体内年齢    31歳

筋肉量     56.5kg(平均的)



今日は、トレッドミルやエアロバイクなど、有酸素運動に関する部分を

普段より時間を延ばしてみました。

当然、腹筋、背筋は毎日欠かさずやってま~す。


ダイエット+運動(有酸素運動)とは?


脂肪を燃焼して、引締まった美しいプロポーションにするには、

食生活の改善だけでなく、運動を取り入れることが大切です。

なぜ、運動を取り入れることが大切なのか、あなたはわかりますか?

運動を取り入れることにより、運動不足が解消されます。

この運動不足解消により、インシュリンを抑える効果があるといわれています。

つまり、ダイエットにも役立つということなのです。


ダイエット中の運動は、筋肉を作り、基礎代謝を上げる運動と脂肪を燃焼させる

有酸素運動があります。


有酸素運動は、ウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビクスなど

体脂肪を燃焼させるための運動のことをいいます。


この有酸素運動を行い、体脂肪が燃焼しはじめるのに、8~10分程度

(以前は20分後)かかると言われているのです。


有酸素運動が終わった後でも、体脂肪をじわじわと燃焼してくれます。

運動(有酸素運動)をダイエット中に取り入れることは、

非常に大切なことといえるのです。



ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル



いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!


ダイエット始めて、28日目


体重      71.2kg(0.3kg減・トータル1.3kg減)

体脂肪     20.2%(0.0%変化なし・トータル0.6%減)

基礎代謝   1,636kcal(標準)

体内年齢   32歳(年齢よりは若いです)

筋肉量     57.3kg(平均的) 


これは、家庭用体脂肪計で測定している数値です。

大体、標準、平均的なので、いいのかなとは思うのですが、

最近、体がだるいなど考えると、もう少し頑張らないといけない

のかなぁなんて思ってます。



ダイエット+運動+αって、どういうこと?



健康的なダイエットをしようとした場合、モデルなみのプロポーションを

ゲットしようとしたら、ダイエット+運動+サプリメントのバランスは

欠かせないのです。

ダイエットだけ、運動だけ、サプリメントだけといったやり方では、

健康的なモデルなみのプロポーションをゲットすることはできないのです。


ダイエットに関しては、総摂取カロリーがオーバーしないように

気をつけるのは当然のこと、糖分、塩分、脂肪の取り過ぎも

ダイエットには大敵です。


食事に関する栄養バランスを考えるのも、ダイエットには必須です。


運動に関しては、筋肉量を増やし、基礎代謝を上げること。

運動不足や間違ったダイエット(過激なダイエット)などは、

この基礎代謝量がどんどん下がってくるのです。


間違ったダイエットなどで、食事を抜いたり、極端に減らしたりすると

基礎代謝量は急激にダウンします。

これは、自己防衛機能なるものにより、少ないエネルギーでも

自分の体を動かすことができるように体が変化していくためで、

一度、そのような状態になると、食べ過ぎといったわけでもないのに

太りやすい体質になってしまうのです。

適度な運動を継続して行なうことにより、筋肉量をアップさせ、

基礎代謝量を上げることができるのです。


ダイエット+運動+サプリメントは、健康的に、モデルなみの

プロポーションをゲットするためには、欠かせないバランスなのです。



ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル



いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!



あなたは健康的なダイエットとは、どういったことだと思いますか?


身体に必要な栄養をきちんと摂らなければ健康的なダイエットは長く続けることは

できません。


絶食や一品だけを食べるダイエットでは確かに痩せはしますが、脂肪よりも

減ってほしくない筋肉など身体の本質的な部分が減り、体調を崩したり

肌がカサカサになったり、シワが増えたり、生理不順になったりとトラブルが

いろいろ出てきます。


そのためにも、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養はしっかり

摂り、その上でエネルギーを減らし、体内の脂肪をエネルギーに換えて徐々に

脂肪を落としていくようにしていきましょう。


着実にダイエットを成功させたいのなら、食事はできるだけ手作りにした方が

いいかも!


自分で調理すると、献立を考えながらカロリーを考えたり栄養バランスを

調整することができますよね。

素材を選ぶときにも脂肪の少ない物を選んだり、脂を使わない調理法をしたりと

かなりエネルギーを抑える工夫ができるんです。

うまくすれば十分に満腹感が得られるほど食事ができるので、

ひもじい思いをすることもありません。



自分で調理すること、これに対して外食ばかりの食生活だと、

油の量が多いカロリーの高いメニューが多く、味付けも濃くて

主食が多いものばかりなので、太りやすく、ダイエット初心者には

向いていないといえるのです。

かなり慎重にメニューを選ぶ必要がある上に、誘惑も多いので

つい食べ過ぎたりしがちです。


自分で調理していると食品のエネルギー量も分かってくるので、

外食するときは、何をどれだけ食べればよいかが、

すぐに判断できるようになります。


まずは、自炊で栄養バランスのよい食事はどんなものなのか

把握することも大切です。


どうしても食べたいと思ったら、目標を立てて達成したときの

ご褒美にしてみてはいかがでしょう。


一番恐ろしいストレスによるドカ食いやダイエット挫折をなるべく

抑えるためにも外食はできるだけ抑えて、自分の目で分量を

量ってカロリーを考えながら料理を楽しんでいきましょう。



ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。