生活習慣病

ここでは、「生活習慣病」 に関する記事を紹介しています。
★理想のプロポーション! ★夢の7号サイズ! ★まずは行動を起こす! ★継続! ★ゲット!

大きく分けられる3つのダイエット法

食事量を抑えて、カロリーコントロールする抑制型ダイエット法

脂肪燃焼や基礎代謝をあげる消費カロリー促進型ダイエット法

便秘を改善し、腸内を活性化するデトックス型ダイエット法



★ダイエット関連一覧
スポーツジムでも教えて・・・レビュー
ピンピンコロリ運動レビュー
骨盤矯正ダイエットレビュー
脚を細くすること・・・レビュー
ビリーズブートキャンプとは
★ダイエット基礎知識
BMIとは
ダイエットに関する認識の違い
痩せるの意味
ストレッチとダイエットの関係Ⅰ
ストレッチとダイエットの関係Ⅱ
夏痩せはリバウンドの元・・・?
ダイエットに間食は大敵!
食の欧米化
部分痩せはできるのでしょうか?
効果的なウォーキングの方法
膝の痛み解消法
ドライマウスとは
★ダイエット関連用語集
ピラティス他関連用語集
7秒ダイエット他関連用語集
アミノ酸ダイエット他関連用語集
コーヒーダイエット他関連用語集
プロテインダイエット他関連用語集
★便秘解消法
便秘を解消する方法
便秘解消には、食物繊維を
便秘解消法
ダイエットと便秘の関係
★自己数値を計算する方法
肥満度
基礎代謝量
消費エネルギー量
★1分間ダイエット体操
1分間ダイエット体操Ⅰ
1分間ダイエット体操Ⅱ
1分間ダイエット体操Ⅲ
1分間ダイエット体操Ⅳ
1分間ダイエット体操・引締めダイエットⅤ
★ダイエットする方法
引締めたい部分第一位は?
二の腕ダイエットとは・・?
ヒップアップする方法ってある~?
痩せる方法って・・・?
間違ったダイエットをしないために!
おしりかじり虫で癒しダイエット?
産後ダイエット
バランスが大事
★「無料」お勧め情報
かんたんカロリー計算ガイド!
簡単ラクラク速攻ダイエット!!
【ダイエットは計画的に】・・・処方箋
★スポーツジムでのダイエット奮闘記
スポーツジムでダイエット奮闘中!
ダイエット挑戦者パート2






RSS新着情報

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!


気温の変化の激しい時期に、うっかり風邪をひいてしまいまよね。

鼻水、くしゃみ、鼻づまりなど症状の軽いものを入れると、年に5~6回

風邪をひくといわれているんです。

ほとんどの風邪は身体の外から侵入してくる風邪ウィルスが原因で起こるのです。


この風邪ウイルスに打ち勝つ力は、私たちの身体にもともと備わっている

自然治癒力ー外敵(ウイルス)と戦う免疫などの働きなのです。


普段私たちが用いる風邪薬は、さまざまな風邪の症状をやわらげ、症状を

こじらせないためのものです。


効果的な風邪対策は、まずなによりも風邪を寄せつけない丈夫な身体作り、

そして、風邪をひいたときの正しい養生と早めの手当てです。



風邪についての知識をしっかり身につけ、元気に毎日を過ごせるようにしましょう。



風邪をひく原因


風邪は病原体が摂りつくことで起こりますが、その病原体には細菌などもあり、

風邪の原因の九割以上は、さらに小さなウイルスが原因になるのです。

電子顕微鏡でしか見ることができない、超小型の微生物です。その仲間は、風邪に

かかわるものだけで200種類を超えるといわれています。


このウイルスが鼻や喉、気管など呼吸器の粘膜にとりついて増殖しはじめると、

鼻水、くしゃみ、鼻づまり、さらには、喉の痛みやせき・たんなど、風邪の

さまざまな症状が引き起こされるのです。


どんなウイルスが取りつくかによって、現れる症状やその重さも変わってきます。

風邪を大きく分類すると普通感冒と流行性感冒(インフルエンザ)の二つに

分けられます。

一般に風邪と呼ばれるのは普通感冒の方で、原因となるウイルスは、

鼻に取りつくライノウイルスや喉を腫らすアデノウイルスなどです。

一方、インフルエンザの原因となるウイルスは、風邪のウイルスの中でも

とりわけ重い症状をもたらすインフルエンザウイルスです。



ウイルスとは


風邪のウイルスの多くは、温度や湿度の高いところを嫌います。

つまり、空気の乾燥した日本の冬は、風邪ウイルスにとって、比較的過ごし易い

環境というわけです。


ウイルスは自力で仲間を増やすことができませんから、生きるためには、

他の動物の細胞に住みつくしかないのです。

そこで、まずは乾いた鼻や喉の粘膜に忍び込み、細胞の乗っ取りを企てます。

そして、いったん乗っ取りに成功すると、後はその細胞の働きを使って、

次から次へと分裂し、自分のクローン(分身)を量産していくのです。

最後には、身体全体が乗っ取られるのかというと、その心配はなく、

攻められる方の身体にも、外敵をやっつける免疫という防衛隊がついています。

安静と栄養という援護体勢をとってあげれば、免疫は俄然強さを増し、

ウイルスを返り討ちにしてくれるでしょう。



つらい症状は身体がウイルスと闘っている証拠


鼻水やせき、発熱などの辛い症状は、ウイルスの刺激や毒素のせいで

起こる場合もありますが、逆に身体が健康な状態に戻ろうと、

ウイルスと闘っている証拠だと考えることもできるのです。

鼻水は鼻の粘膜を守ろうとして起こります。

せきはウイルスや細菌が混じった痰を吐き出そうとして起こるのです。

そして、熱はウイルスと交戦中の免疫の力を強めるために、脳が命令して

発熱してるともいえるのです。



風邪をひいてしまったら


何より、安静これが一番です。

その狙いは体力の温存、いや、効率的な活用といった方がよいかもしれません。

身体がウイルスと闘うときにも、やはりエネルギーは必要です。

ところが人が使えるエネルギーの量は限られていますから、仕事をしたり

動き回ったりすれば、それだけウイルス退治に回せる分が減ってしまうと

いうわけです。

安静だからといって、何も無理に布団の中でじっとしている必要はありません。

ぐっすり休むのも大切ですが、症状が重くなければ、部屋の中でくつろぐぐらいの

心構えでいいのです。


部屋の温度に気をつけましょう。部屋全体を20~25℃に保つのが理想的です。

周りの温度が低いと、身体は体温を上げようとして、その分余計にエネルギーを

使わなければならなくなります。

また、気管の粘膜の乾燥を防ぐために、加湿器などで部屋の湿度を高めるように

しましょう。


風邪をひいたときこそ、食事が大切です。

まず心がけたいのは、1日3回栄養価の高い物を摂るということです。

大豆や魚、肉類を食べやすく調理して、しっかりタンパク質を摂りましょう。

風邪をひくと、細胞の働きを助けるビタミンB群、抵抗力を高めるビタミンCの

消耗が激しくなります。特にビタミンB群とC、そして、A,Eは、免疫の力を

強くする働きがあるので、普段より多めに摂るよう心がけてください。

ビタミンB1は豚肉、うなぎ、大豆などに、B2は卵やレバーなどに含まれています。

そしてビタミンCは、パセリ、ほうれん草、イチゴ、柑橘類などに豊富です。

また、ビタミンAはにんじんや乳製品に、Eはアーモンドや大豆、小麦胚芽に

多く含まれています。


また、水分補給も重要です。発汗で失った水分を補うために、吸収しやすい

スポーツドリンクを枕元に置くのもよいでしょう。身体が乾いてしまうと、痰の

切れも悪くなります。


ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル


スポンサーサイト
ダイエットランキング参加中です!


前回の続きです。


これからの季節、生活習慣病を予防するには、脂肪を溜め込む落とし穴が一杯あります。


寒くなってくると、室内に閉じこもって体を甘やかすため、運動不足になりがちです。年末年始にかけてよく食べたり飲んだりする割には、運動不足になりがちですから、摂取したエネルギーをきちんと消費していない状態になり、太ってしまうというのは当然です。動くのはイヤ、でも食べたり飲んだりしたい。ますます太りやすい体を作ってしまうという結果になるのです。


ある動物は、寒い冬に脂肪を蓄えて冬眠します。これと同じく人間も寒さから身を守ろうとして本能的に脂肪を溜め込もうとするのです。寒い季節は、食べ過ぎたり飲みすぎたりしたつもりがなくても、体の自然な働きによって脂肪太りになりやすい季節なのです。もともと男性より女性のほうが体脂肪が多いため、脂肪を過剰に蓄積させないように気をつけとかないと肥満という嫌な言葉につながるのです。


一日の活力源である朝食は、エネルギーとして燃焼されやすいので、太るからといって朝食を抜くようなことはせず、しっかりと摂るようにしましょう。朝食を抜くと昼に沢山食べてしまうなどかえって太りがちになります。


ビールや日本酒などのアルコールは、カロリーが高いだけでなく、胃液の分泌を活発にして食欲を増進させるため、おつまみなど欲しくなってしまいます。中でも炒め物や揚げ物は高カロリーなので、ゆでる、焼くなどカロリーの低い調理法のつまみを選ぶことが、余分な脂肪を貯め込まないようにするポイントです。健康のためにも飲み過ぎないように、また、休肝日など設けることも大切です。


ダイエットのために、筋力トレーニングなどを急に始める人がいますが、毎日続かなければ意味がありません。脂肪を燃焼させるには十分な酸素が必要なのです。無理なく続けられて、効果的な脂肪燃焼をしてくれる有酸素運動(ウォーキングなど)がお勧めです。有酸素運動とは呼吸から酸素をたっぷり摂りいれながら行なう運動のことです。普段の生活の中で有酸素運動を意識しながら歩くことを心掛けましょう。


これからの季節、ダイエットに関して色んな落とし穴にはまらないよう生活習慣を見直してみること、また、予防することが大切です。



ダイエットランキング参加中です!応援ポチッ!なんてして頂けると私は喜びます。絵文字名を入力してください





ダイエットランキング参加中です!


成人病と呼ばれていた糖尿病、心臓病、脳卒中、高血圧症、大腸がん、動脈硬化症、高脂血症など、今では、生活様式の変化により、これらの疾病は必ずしも、成人がかかるとは限らなくなってきました。


これらの発症には、食生活、運動、喫煙、飲酒、休養、ストレスなどの生活習慣要因が深く関わっており、発症の前に予防することが重要といわれています。


糖尿病、心臓病、脳卒中、高血圧症、大腸がん、動脈硬化症、高脂血症などは、疾病の発症や進行に個人の生活習慣が深く関与していることが明らかになってきており、今では、生活習慣病といわれています。


死亡原因の三分の二を占めている生活習慣病の多くは、食生活、運動、休養、喫煙、飲酒など生活習慣を見直すことにより、疾病の発症・進行が予防できるため、生活習慣病予防という認識を一人一人が持ち、行動に結び付けていくことが大切なのです。


この生活習慣病を予防するのに、脂肪を溜め込む落とし穴が一杯あります。これから寒い季節を迎えようとしているときこそ、ダイエットをする必要があるのです。


旬の美味しい誘惑や年末年始のイベントが多くなるため、ついつい食べ過ぎてしまったりする機会が増えてきます。おいしい、楽しいなど時間が長くなればなるほど、カロリーを摂取しやすい状態になります。また、夜遅くなればなるほど食べたものが体に吸収されやすいため、脂肪が蓄積されやすくなるのです。


寒くなってくると体の冷えで悩む人が多くなります。体が冷えると腎機能が低下し、尿や汗の量が減るため、便秘にもなりがちです。また、血行も悪くなり、からだ全体の代謝が鈍くなりやすいのです。冷えから起こるさまざまの要因で、体内に水分が溜まりやすくなり、むくみが起こります。いわゆる水太りです。余分な水分はさらに体を冷やして新陳代謝を低下させ、脂肪などの燃焼や老廃物の排泄を滞らせるのです。


今回はここまでにします。続きは、また、何時間後かに?


ダイエットランキング参加中です!応援ポチッ!なんてして頂けると私は喜びます。絵文字名を入力してください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。