栄養成分情報

ここでは、「栄養成分情報」 に関する記事を紹介しています。
★理想のプロポーション! ★夢の7号サイズ! ★まずは行動を起こす! ★継続! ★ゲット!

大きく分けられる3つのダイエット法

食事量を抑えて、カロリーコントロールする抑制型ダイエット法

脂肪燃焼や基礎代謝をあげる消費カロリー促進型ダイエット法

便秘を改善し、腸内を活性化するデトックス型ダイエット法



★ダイエット関連一覧
スポーツジムでも教えて・・・レビュー
ピンピンコロリ運動レビュー
骨盤矯正ダイエットレビュー
脚を細くすること・・・レビュー
ビリーズブートキャンプとは
★ダイエット基礎知識
BMIとは
ダイエットに関する認識の違い
痩せるの意味
ストレッチとダイエットの関係Ⅰ
ストレッチとダイエットの関係Ⅱ
夏痩せはリバウンドの元・・・?
ダイエットに間食は大敵!
食の欧米化
部分痩せはできるのでしょうか?
効果的なウォーキングの方法
膝の痛み解消法
ドライマウスとは
★ダイエット関連用語集
ピラティス他関連用語集
7秒ダイエット他関連用語集
アミノ酸ダイエット他関連用語集
コーヒーダイエット他関連用語集
プロテインダイエット他関連用語集
★便秘解消法
便秘を解消する方法
便秘解消には、食物繊維を
便秘解消法
ダイエットと便秘の関係
★自己数値を計算する方法
肥満度
基礎代謝量
消費エネルギー量
★1分間ダイエット体操
1分間ダイエット体操Ⅰ
1分間ダイエット体操Ⅱ
1分間ダイエット体操Ⅲ
1分間ダイエット体操Ⅳ
1分間ダイエット体操・引締めダイエットⅤ
★ダイエットする方法
引締めたい部分第一位は?
二の腕ダイエットとは・・?
ヒップアップする方法ってある~?
痩せる方法って・・・?
間違ったダイエットをしないために!
おしりかじり虫で癒しダイエット?
産後ダイエット
バランスが大事
★「無料」お勧め情報
かんたんカロリー計算ガイド!
簡単ラクラク速攻ダイエット!!
【ダイエットは計画的に】・・・処方箋
★スポーツジムでのダイエット奮闘記
スポーツジムでダイエット奮闘中!
ダイエット挑戦者パート2






RSS新着情報

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!



ダイエットするには、食事のバランスが大事だといってますが、

あなたは、食料品を買い物される際、カロリーや栄養成分など

確認(チェック)されてますか?ある程度の目安にされてますか?


あなたは、食品成分表示のしくみをご存知ですか?


スーパーなどで惣菜・加工食品など買うとき、食品表示を見てますか?

カロリーや塩分はどれくらいか、アレルギー物質は含まれていないか、

これらを見るのと見ないのとでは、食生活を考える上で大きな違いが

あります。

しかし、一概に食品表示といっても、それを規定している法律はないのです。

加工食品についている表示には、食品表示と栄養成分表示等があります。

原材料、アレルギー物質、食品添加物をチェックする場合は、食品表示。

カロリーや塩分を調べる場合は、栄養成分表示です。


栄養成分表示

栄養成分表示は全ての加工食品に表示義務があるわけではありません。

表示義務が生じる場合、「販売する食品に日本語で栄養成分・熱量に

関する表示をする場合」(健康増進法に基ずくです。

例えば、「1個当たり50kcal」「脂肪30%カット」「食物繊維たっぷり」などの

表示をする場合です。

表示する栄養成分には上から、①エネルギー、②タンパク質、③脂質、

④炭水化物、⑤ナトリウムという順番が決まっているのです。

これらは、必ず記載しなければなりません。

ナトリウム量の表示は、食塩の表示ではありません。ナトリウム量の記載しか

されていないときは、ナトリウム400mgで食塩が約1gに相当するので、

自分で計算してみましょう。

食塩は1日10g以下を目標に、摂りすぎに注意しましょう。

また、「砂糖不使用」といった場合、加工段階で砂糖を使用していないことを

表示しているに過ぎません。

砂糖を使っていないとしても、果糖やそのほかの甘味料を使っている場合があります。

エネルギーの項目での確認を欠かさないでください。

消費者の食の安全に対する関心が高まる一方で、厳しい規制の下に決められた

食品表示といえども「落とし穴」は多々あります。

様々な情報を取捨選択し、よりよい食生活を送るようにしましょう。


添加物って何?

食塩や砂糖など、昔から一般に食品として考えられているものは「添加物」から

除かれます。

無添加といった場合、加工の全工程において添加物が一切使用されていないことを

示しますが、「無添加」という表示義務はありません。

一般的に、添加物は原材料欄の食材の次に重量順に記載されます。

調味料を使用している場合は、調味料が添加物の先頭にくるケースが

多いです。また、( )で書いてあるのは添加物か、アレルギー物質です。

カタカナ書きが多いというのは添加物が多く含まれている可能性が高いといえます。


外食では!

最近では、ファミリーレストランで栄養成分が表示されているところもあります。

しかし、外食産業が行なう食品表示に統一したルールはなく、公的機関の

規制もありません。ファミリーレストランの場合、表示といっても色々な形態が

あります。これを大きく分けると

①メニューに記載する
②ホームページに掲載する
③店頭や店内での掲示
④包装紙、ラベルでの表示
⑤表示はしないが従業員に対してパンフレットなどを配布し、客に質問された場合に
  答えられるようにしておく

などがあります。

表示内容は「カロリー」「脂質」「食物繊維」「塩分」ですが、参考程度に

利用するようにしましょう。


外食する際のポイントは、とにかく油の摂取量が多くなりがちなので、揚げ物、

特に一口カツや小さいフライ物は衣の表面積が大きくなるので避けたほうが無難です。

全体的に野菜の量が少ないのも特徴です。

中華や洋食など油を多く使う料理は、比較的高エネルギーになる傾向があります。

和食は油を使う料理は少なめですが、カツ丼、天丼、天ぷらなどの揚げ物料理は

エネルギーも高めです。

お漬物など塩分の摂りすぎにも注意しましょう。

いろいろな食品表示や栄養成分表示を見ていると、おおよそのエネルギーなどが

わかってくるはずです。

まずは表示を見るクセをつけるようにして、加工食品や外食を上手く利用して

いきましょう。




ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル




スポンサーサイト

いつもご訪問頂きありがとうございます。


★最新ダイエットランキング★参加中です!



ビタミンは元気の元!


●ビタミンB1

栄養素(主に糖質)をエネルギーに変える働きを持っています。

また、筋肉や神経の疲れを和らげる働きがあります。

不足すると、エネルギーがつくられにくくなり、疲労感の元となる

疲労物質(乳酸)が溜まって、疲れを生じやすくなります。

現代人は、疲労の解消に欠かせないビタミンB1が不足しがちなので

摂取に努めましょう。


●ビタミンB2

栄養素(主に脂質)をエネルギーに変える働きを持っています。

不足すると、エネルギーの代謝がうまくいかなくなり、倦怠感を感じたり

疲れがとれにくくなったりします。


●ビタミンB6

栄養素(主にタンパク質からつくられるアミノ酸)をエネルギーに変える

働きを持っています。

また、中枢神経の働きを正常に保つ作用があります。

不足すると、食欲不振や貧血などの症状があらわれます。


●ビタミンB12

栄養素(主にタンパク質や脂質)をエネルギーに変える働きを持っています。

また、神経の機能を正常に保つ働きがあります。

不足すると、記憶力や集中力が低下しやすくなります。


●ビタミンC

エネルギーをつくるのに役立ちます。

また、細胞の酸化を防ぐ働きを持っています。

身体の免疫力を高める働きもあります。


●ビタミンE

細胞の酸化を防ぐ働きを持っています。血液中の流れをよくし、

溜まった疲労物質を運び去るのを助ける働きもあります。



ダイエットを行なう際、健康に行なう場合は、運動も取り入れなければ

なりません。運動もただがむしゃらにやればいいというものではなく、

次の日に、疲れが残らないようクールダウンをしっかり行なうことを

心掛けるようにしましょう。



ホンジャ、またアイコン名を入力してください


★最新ダイエットランキング★参加中です!


応援ぽちっ!なんてして頂けると私は喜びますアップロードファイル


いつもご訪問頂きありがとうございます。笑顔


ダイエットランキング参加中です!


当スポーツジムでお客様がよく使われているサプリメントは何だと思われますか。

その人の目的によって違いはありますが、プロテイン関係が一番多いですね。

こういったサプリメントは、普段の食事で補いきれない栄養を補助してくるものですから最高です。

しかし、摂取する量やタイミングを間違わないようにすることも大切なのです。

摂取量に関しては、人間の体は容量が決まっているため、容量オーバーした分は全て外部へ排出されてしまうのです。一杯摂取したからいいというものではないのです。



ボディビルダーの方たちは、1日に何回もプロテインを補給されますが、これはダイエットではなく、筋肉を増強させるために補給するのです。

例えば、朝10時、昼3時、トレーニング中、就寝前とかに補給されたりします。これも個人差がありますが、それだけ補給しても外部に排出されないぐらいまでのトレーニングをされているのです。これだけ補給されると体重増加にもつながります。この方々は体を大きくしたいという目的でプロテインを補給されているのです。

逆にダイエットしようとしている人が、これだけの量を補給してしまうと逆効果になります。

プロテインには、植物性プロテインと動物性プロテインなどの種類があります。

このプロテインは、大豆などからできていて筋肉を作ってくれる栄養補助の役目をしてくれます。


ダイエットをしている人は、いつ、このプロテインを補給するのがベストなのでしょうか?

運動後、もしくは就寝前に補給するのがベストです。

運動することで破壊された筋肉の再生を強化するのに代表的な栄養補助剤。それがプロテインなのです。

筋肉を作ってくれる栄養補助剤ですから、運動後、筋肉破壊された筋肉の再生が行なわれる前に補給することが大切です。



他のサプリメントなどでも摂取する量とタイミングが大切です。

例えば、ギムネマなんかは脂肪や糖分をカットしてくれる性質を持っていますが、食事後のお腹一杯になった後に補給しても意味がありません。笑汗

ギムネマを先に補給することにより、食事でお腹に入ってきたものに対して、脂肪や糖分をカットしてくれる性質を利用できるのです。

このようにサプリメントもただ補給すれば、良いというものではなく摂取量やタイミングなど、また、サプリメントの性質をしっかり理解して使いたいものです。

サプリメントを摂っているからダイエットになると考えているのであれば、もってのほかです。あくまでもダイエットの補助をしてくれるものだと考えてください。

プロテインなどは、筋肉を作るのを助けてくれる補助食品ですから、筋肉を作って、基礎代謝を上げる。基礎代謝が上がれば、エネルギー消費量が増えるのでダイエットにつながるのです。


ダイエットランキング参加中です!応援ぽちっ!なんかして頂けると私は喜びます。うひゃー


いつもお越し頂きありがとうございます。

ダイエットランキング参加中です!


サプリメントとは?


食事が偏りがちであったり、運動不足だったりするとダイエットの効率を妨げる原因になります。


このダイエットの効率を上げるためは、サプリメント利用することも効果的です。


サプリメントは、色んなものが出ていて、いったいどれが自分にあっているのか目移りして決められないほどの数があります。


健康食品は、医薬品や医薬部外品でなければ、基本的には許可も要らず、誰でも作って販売することができるのです。


これを摂るだけで痩せるなどの誇大広告の商品などは、その宣伝文句に騙されないように要注意です。健康にを考えると摂るだけで痩せることは困難です。


痩せる、効果がある、など謳っているものに関しては、薬事法違反になりますから要注意です。


商品の内容をほとんど説明せず、激安など値段の安さだけを強調しているものも要注意です。価格が高い、安いからといって品質がそれに比例しているわけではありません。高くてもダメなものはダメ、安くても良心的でいいものもあります。


選ぶ際は、できるだけ加工度の小さめのものにし、天然と表示されているもので自然に近いものを摂るようにしましょう。


健康食品かつサプリメントを摂るだけダイエットする方法とか痩せられると謳っている商品が多々ありますが、健康を考えた場合、一定の食生活の中で摂ることによって、ダイエットの手助けをしてくれるものとして考えたほうがいいです。


健康食品を摂るだけで痩せようとするのは健康上無理があります。


食事制限や運動もしないで、健康食品かつサプリメントを摂っているから大丈夫だと思ってるとなかなかダイエットの効果は期待できませんよ。


ダイエットは、運動+食事療法+サプリメントのバランスを取り入れてやらないとダイエットの効率は上がりません。

ダイエットに関しては、続けることが大事なのです。諦めずに健康に美容に美しいをもっとうにダイエットできるよう心掛けたいものです。

続けることは一番大変ですが、ダイエットを成功させ、自分で勝ち得たその後の人生を想像してみてください。素晴らしい人生が待ってると思いませんか。あなたのダイエットに少しでも参考になれば私は嬉しく思います。頑張ってとはいいません。今までも十分頑張ってらっしゃるでしょうから、今後はどんどん楽しめるようになりますように!ダイエットを楽しんでくださいね。


ダイエットランキング参加中です!応援して頂けると私は喜びます。
いつもご訪問頂きありがとうございます。

ダイエットランキング参加中です!

アメリカでは、アンチエイジング・美肌・ダイエットの抗酸化サプリとして高い人気を誇っています。

日本では、2004年6月に食品用途への使用が許可され話題になりました。

αリポ酸は、万能の抗酸化物質。

ビタミンCやEを上回る強力な抗酸化力(老化や病気の原因となる活性化酸素を消去する力)を誇り、その力はビタミンC・Eの400倍とも言われています。

さらに大きな特徴は、水溶性であり脂溶性でもあるという点です。そのため、水や脂質で構成されるさまざまな体内組織に入り込み、さまざまな部位で抗酸化力を発揮することができるのです。

また、効力を失った抗酸化物質を再生する力「抗酸化リサイクルネットワーク」を持っており、体内の抗酸化レベルを高く維持する働きがあり、最強のアンチエイジング(抗加齢)素材として注目されています。

αリポ酸は、糖の代謝を促進、ダイエットにも効果あり。

αリポ酸は、生体内で使われるエネルギー産生を助ける働きがあります。体内には細胞が活動するためのエネルギーであるATPがあり、そのATPは三大栄養素である炭水化物や脂肪、タンパク質が分解され時に作られますがこの中でもっとも使われやすいのが炭水化物です。

エネルギーを作り出す仕組みには「解糖系」「クエン酸回路」「電子伝達系」があり、炭水化物は消化の過程でブドウ糖に分解され解糖系でピルビン酸という物質になり、ミトコンドリア内でアセチルCoAという物質に作り変えられてはじめてクエン酸回路に入ることができます。

この時αリポ酸はピルビン酸がアセチルCoAに変換される反応を助けています。さらに、クエン酸回路においても、その反応がスムーズに進むように働いています。また、ブドウ糖だけで足りない分は体脂肪からもエネルギーを変換するので、体内のαリポ酸レベルを高くしておけば、食べたものや体脂肪がどんどんエネルギーに変わって行くので、太りにくく、体脂肪が燃えやすい体になれるのです。

しかし、体内のαリポ酸は加齢とともに減少してしまいます。αリポ酸が不足した状態だと、食べものをいくら食べてもピルビン酸からアセチルCoAへの変換やクエン酸回路がうまく進まず、糖が余りだし、結果、脂肪に作り変えられ、内臓や皮下脂肪になっていくのです。これが中年太りの原因です。

そのため、意識してαリポ酸を補給する必要があるのですが、一日の摂取推奨量が100mgといわれているαリポ酸を食べ物で摂ろうとすると比較的含有量の多いといわれているほうれん草でも3kg食べなければならず、食べ物だけで十分に補給することは難しいといえるでしょう。


ダイエットランキング参加中です!応援ぽちっなんかしてもらえると私は喜びます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。